変形する恐れ

シャチハタイメージ

シャチハタ不可・・ときどき、こんな文字が公文書に書いてあるのを見たことがありませんか。
これは認め印で済まされるような受領印などではなく、実印や銀行印を必要とするようなもっと法的効力の強い文書によく見られる注意書きです。

この理由は明白で、シャチハタは印面がゴムでできているために変形する恐れがあるとされていて、公的文書では法的な効力をもたないことがあるからです。
文書を受け取る側もそれを恐れて、あえてこのような注意書きをしているのでしょう。

それにしても、「シャチハタ不可」とはなかなかシャチハタに失礼な注意書きだとは想いませんか。
差別とまではいいませんが、印面がゴムとはいえシャチハタも立派な印鑑の仲間です。

場合によっては印鑑よりもずっと便利でより活用できるものです。
それなのに、不可というのはちょっと言い過ぎじゃないかという気もします。

そこで調べてみたところ、どうやらシャチハタがつくられて世に出回った当初、捺印したときに印影のにじみが大きかったのだそうです。
それで読み取りにくかったうえに保存がきかなかったのでシャチハタは使えないというふうに捉えられたのではないかということでした。

しかし、現在の技術ではシャチハタはだいぶ改良されています。
印影もほとんど印鑑とかわりありませんし、もちろん印影がにじむこともほとんどありません。

ですから、実際には公的な文書であってもシャチハタを使ったからといってそれほど困るようなことは起こらないのです。
このことを頭にいれておいてください。

ページの先頭へ