それはシャチホコです

シャチホコイメージ

あなたは印鑑とシャチハタの違いを知っていますか?
シャチハタと聞いて、それってよく屋根の上に乗っているあれじゃないの?と思ったあなたは相当常識知らずです。
それはシャチホコです。

シャチハタというのは通常の印鑑と外見はほとんど変わりません。
ただ、ひとつ重要なポイントが大きく違います。
それは、シャチハタは印面部分がゴムでできているということです。

あなたも印鑑を使ったことがあるのならお分かりだと思いますが、印鑑の印面はゴムではできていません。
堅くて簡単には変形しない素材を使ってつくられています。

そのためにとても押しにくいです。
きれいに捺印するためにはそれなりに慣れが必要です。

私はよく、どうして印鑑はこんなに押しづらいのだろうと疑問に思っていましたが、シャチハタならば印鑑ほど押しにくくはないものです。

それならシャチハタを実印や認め印として使えばいいじゃないかと思うかもしれませんが、実はこの印面がゴムか変形しない素材かというのが大きなポイントなのです。

印鑑というのは長く何ども使うものですよね。
そして、印鑑は実印や銀行印の場合、公共機関にその印面を登録することが義務づけられています。

その場合、たとえ何年後の印鑑であっても同じ印面でなければ同じ印鑑だとは認めてもらえません。
自分の印鑑だということを証明するためには、以前と全く同じ印面を捺印しなければならないわけです。

そのとき印面がゴムで出来ていると、変形しやすい印面をもつシャチハタは不都合きわまりありません。
ですから重要な印鑑としてシャチハタは使えないのです。

ページの先頭へ